初めての美容皮膚科

美容皮膚科で行われているさまざまな治療の歴史は古いのですが、日本国内で美容皮膚科と標榜の許可が降りた歴史は非常に浅い。これまでは多くのクリニックが美容外科として標榜し、多くの美容皮膚科の治療を実践してきた歴史がある。ノンサージャリー(非外科手術)を希望する人が多く外科離れ傾向にあるのが美容医療の現実です。しかし、そこに奥深い深刻な問題がある。 ノンサージャリーということで比較的リスクが少ないため、経験の未熟な医師、極端なことを言えば無知な医師でも参入できるのが美容皮膚科なのである。



美容外科と美容皮膚科の大きな違い

美容外科は極端なことを言えば外科手術なので切って縫い合わせるため傷は残るが確実な効果と短期間で結果を得られることができる。しかし、美容皮膚科における治療は皮膚の再生を利用した効果を得ることが必要となるので、結果が出るまでには時間がかかるものが多い。また、心因的な要素や環境に影響されるため非常に厄介な場合もある。
そこで一番重要となるのは医師との信頼関係である。信頼関係を築けないケースであればいくら医師の知識や技術が高くても結果を得られる前に挫折してしまう
ことも多い。 美容皮膚科は精神皮膚科といっても過言ではない。今の美容外科のスタイルを引き継いでいるクリニックなどは皮膚科としての経験が未熟な医師が多く、さまざまなメディアに露出のある医師に限ってほとんど臨床経験のない医者が取り上げられている傾向にあるため要注意である。雑誌に載っているからといって安心できる材料にはならず、むしろ逆に技術・知識の乏しい医者が診療していることもある。



良い美容皮膚科とは

良い美容皮膚科とは、常にユーザー(患者)の肌質を皮膚科医としての見地から判断し、適切な治療法を提案することです。中には医療機器メーカーの巧みな話術によって効果の乏しい無意味なレーザーを気軽に勧めてきたり、美容大国である韓国で流行っている美容を積極的に導入する無知で不誠実な女医も少なくありません。美人女医としてメディアにも登場しているクリニックの多くは皮膚科医、美容皮膚科医としての経験がない、自己流のケアを適当にアドバイスしているクリニックです。
また、レーザーやヒアルロン酸の指導提携クリニックなどはメーカー独自が発行する指導医など適当な資格でユーザーを騙す悪質な医療機関も目立ちます。そんな美容皮膚科に通っていてもお金だけがかかるだけでなんの効果もないなんてこともあるのです。良い美容皮膚科の専門医とは最低でも日本美容皮膚科学会の皮膚科専門医を取得していて、皮膚科医としての臨床経験を十分に積んだ医者。美容外科での十分な経験がある医者が良い美容皮膚科のひとつであると考えます。



ビギナーのための美容皮膚科の選び方

異常な増殖をきたす美容皮膚科。初めて美容皮膚科を選ぶ人はどう選んで良いのか?わからないことばかりだと思います。ここではポイントとなる美容皮膚科の選び方を教えます。


美容皮膚科の選び方
 1. 医者の正しい経歴を知る
 2. トレーサビリティを導入している
 3. 口コミ情報を参考にする
 4. セカンドオピニオンを絶対に受ける
 5. 最初からいきなりコースは購入せず、お試しなどのトライアルを受ける




1.医者の正しい経歴を知る

美容皮膚科は設備投資にお金はほとんどかからないため、投資家などかっこうの餌食となりやすい。数カ月皮膚科で経験しただけで医者として未熟な医者を雇う傾向が強い。コロコロと院長、医者が変わるクリニックも多く、美容外科以上にクリニック選びには慎重にならなくてはいけない。 また、医者の経歴に騙されてはいけない。どこで皮膚科の修業をしたのか?どういった医者を師事しているのか?などを知る必要もある。レーザーを複数所有する羽振りの良い医師などは極めて危険なところもある。


2.トレーサビリティを導入している

実際に使用している医療材料がどういったものなのか? A型ボツリヌス毒素などはアラガン社のボトックスを使用しているのか? ヒアルロン酸製剤は使い捨てか? 計り売りなどは絶対に避けるべきである。


3.口コミ情報を参考にする

本当の口コミは絶対に有益な情報ですし、医師選びにおいても非常に有益である。しかし、不特定多数が書き込める口コミは参考にせず、実際の書き込みだけを信じよう。yahoo知恵袋や大手掲示板、mixiなどではプロのライターや美容紹介を業とする者、クリニックが第三者になりすましてクリニックに斡旋するケースの報告があります。参考程度にとどめ完全に信用すると大きなトラブルになる可能性が高くなります。それと実際に起こったトラブルの多くはこういった掲示板に書き込むことはありません。トラブルに遭われた方の多くは個人が特定されることを恐れて書き込みをする人が非常に少ないというこも知って下さい。当サイトは真実の書き込みだけを掲載できるのも特徴です。


4.少なくとも3つ以上のクリニックでカウンセリングを受ける

医師によっても認識は大きく違う。数人の医師の意見を聞いて治療方法を確認しよう。ただし、大手美容外科など経験が未熟な医師の多くに診察を受けても無意味である。専門医の取得している医師や経験・実績の豊富な医師によるセカンドオピニオンが必須である。


5. 最初からいきなりコースは購入しないこと

エステサロンなどではコースの購入後のキャンセルや返金というのは法整備によって可能となったが、美容医療にはそういった法は一切適応されない。医療というのは誤った保護がされているのである。安易な気持ちでコースを購入してしまった場合、クーリングオフやキャンセルすらできないのが実情なので絶対にコースはトライアルや一度は治療を受けてから申込むようにしましょう。
特にレーザーなどは痛いだけで効果を感じなかったというケースも少なくない。中には耐えがたい痛みで返金を求めても応じないという美容皮膚科もある。

整形の口コミに真実はない!
お問合せ及び掲載のお申込み運営者情報│個人情報に関する事項│リンク
Copyright allright reserved. biyou104.